16日おおおおおお

0

    16日〜!あと8日〜!

    ホワイトチョコのウエハース!

    明日は寒そうですね!!!雪になるのかな〜・・・
    大雪にお気をつけてくださいね!

    さささ。今日はどれにしようか悩んでとくにうーんって感じで気軽に書けそうなのって考えたらこれでした

    "わかめ酒"

    優斗×捺です
    期待されたかもなエロないの。さーせん!!!



    今日の捺くんは妙にそわそわしている。
    いいお酒が手に入ったんだー上がったら飲もうね、とお風呂に向かった捺くん。
    その目はキラキラとなにかを期待しているような感じだった。
    なにかいいことあったのかな、なんてリビングでくつろぐ。
    読みかけの小説を開いて数十分。いつもより長風呂で捺くんが戻ってきた。
    「優斗さん! 飲む? 飲む?」
    「うん」
    勢いよく訊いてくる捺くんに、やっぱりどうかしたのかなって不思議になる。
    捺くんはキッチンへと走っていそいそとお酒を持って来た。
    「じゃーん!」
    「……へぇ、すごいね。どうしたの」
    捺くんが手にしてるのはプレミア必須の焼酎だった。
    入手困難な有名な焼酎。
    「電話抽選で! あたっちゃったよ!」
    「すごいね!」
    「でしょ! これ優斗さんにお歳暮ー!」
    「えっ」
    「えへへーいつもお世話になってるからね」
    「そんな気にしなくていいのに」
    「いーの! 俺も飲んでみたかったっていうのもあるし! あ。でもね、優斗さんには特別サービスがあるんだ!」
    「特別サービス?」
    「そう!! 俺がこのプレミア焼酎をさらにレベルアップさせて優斗さんに提供いたします!」
    きりっと真剣な表情をする捺くん。
    レベルアップ……どうするんだろう。水割り? 氷が特別だとか?
    なにか特別なグラスを用意したとか……。
    「優斗さん、ちょっと目をつぶって。俺がいいよって言うまで待ってて?」
    「……うん、わかった」
    言われるままに目を閉じる。
    いったいどんなサプライズがあるんだろう、とちょっとわくわくしてくる。
    なにか用意しているもの音がしてきて―――やっぱりお酒とプラスしてなにか買ってきたのかなって気がしてくる。
    それからしばらくして、
    「いいよー」
    と声がかかった。
    俺はゆっくりと目を開き。
    「……」
    「優斗さん! どうぞ! 飲んで!」
    「……」
    「どうぞ!」
    「……あ、うん」
    床に正座している捺くんの傍に恐る恐る座る。
    「……」
    俺の視線はソコにくぎ付けになる。
    プレミア焼酎がなみなみとそそがれていた。
    ―――捺くんの股間に。
    ぴっちりと隙間なく太腿をつけて正座して、捺くんの半身はしっかり股に挟まれて。
    そして出来た股間の三角スペース。
    そこにお酒は注がれていた。
    「……」
    これは―――ワカメ酒……だよな。
    「優斗さん遠慮なく!」
    「う、うん。頂きます」
    捺くんが張り切ってるのにひるむわけにはいかない。
    いや別にひるんでるわけじゃなくてちょっとびっくりしたっていうかなんでわかめ酒?
    疑問に思いながらも顔を寄せる。
    ワカメ酒なんて初めてだからどう飲めばいいのか悩むけど、これはもう一気に行くしかないな。
    顔をうずめるようにして舌を伸ばしてお酒をすする。
    ずずず、と飲んでいると、
    「このためにちゃんと毛全部剃ったから!」
    と捺くんが言ってきて思わず吹きだしかけてむせた。
    「大丈夫?! 優斗さん」
    「だ、大丈夫」
    ……そう言われれば確かにない。
    残り少しのお酒をどうにか飲みつつちらりと捺くんを見上げたら期待するように俺を見てた。
    「……」
    「美味しい?」
    「うん」
    キラキラした目で俺を見つめてる捺くん。
    「……」
    これは、あれかな。
    いやそうだよな。わかめ酒の時点で、うん。きっとそういうプレイなんだろう……。
    と、肌を舐めようとしたら。
    「おかわりいる? よね!」
    「え」
    「よいしょ、と。はい、どうぞ」
    また焼酎を股間へとそそいだ。
    「……ありがとう」
    飲み干したらフェラに移行してエッチという流れじゃないのかな。
    不思議に思いつつおかわりを飲み、そしてそのあと3回くらいおかわりをした。
    「―――ちょっとシャワー浴びてくるね! そのあと俺も飲む! 一緒飲もうねー! 優斗さんこのままロックでいい? 俺、お湯割りにしようかなー」
    そう言いながら、すぐ戻ってくるね!、とバスルームへと消える捺くんに、俺は―――じっとプレミアム焼酎を見つめた。
    本当にわかめ酒しただけなんだ。
    そっか……。
    いや、別に残念とかじゃないし。
    まぁいつでも見れるし。というか剃ったらわかめ酒じゃなくなるような。
    ……美味しかったからいっか。
    きっと誰かに入れ知恵されたんだろうけど、わかめ酒なんて……なかなか体験できないことだし……うん、いい思い出になるだろう。
    「……おつまみ何かあったかな」
    お湯割りの準備と、なにか肴がないか確かめるためキッチンへと向かったのだった。


    ☆おわり☆

    捺がバカなお話^^
    ただそれだけなの^^
    でもきっとこのあとぱいぱん見てえちしてるよ、うん!
    脳内補完でよろよろです☆

    コメント
    捺wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    • 碓氷悠
    • 2014/12/17 5:58 AM
    優斗さんええ人だww

    ほんとにええ人過ぎてちょっと心配になります(笑)

    でも捺きゅんが可愛くて仕方ないんすよねww
    • 神梛るい
    • 2014/12/17 1:20 PM
    捺くんかわいいwww
    しかし誰に入れ知恵されたんだろうか(^p^)
    (初コメです笑 ずっと前から拝見させて頂いてましたが、コメする勇気がありませんでしたw これからも応援しています!)
    • ゆい
    • 2014/12/17 10:07 PM
    捺くんwww
    優斗さんいい人www
    • こんにゃく
    • 2014/12/17 10:50 PM
    優斗さんの代わりに盛大に吹いておきました!!!!!
    馬鹿だなー愛おしいなー(*^ω^*)
    • はな
    • 2014/12/18 12:25 AM
    捺きゅんなぜ剃ったしwwwwwwwwwwwwwwww
    • なこ
    • 2014/12/18 12:36 AM
    >悠さん
    バッカで〜す\(^o^)/
    • 雲乃みい
    • 2014/12/23 8:46 PM
    >神梛るいさん
    優斗、捺溺愛なのでできることはできるだけ叶えてあげたいひとですwww
    可愛くて仕方ないと思われますw
    • 雲乃みい
    • 2014/12/23 8:47 PM
    >ゆいさん
    捺、おばかです//
    智紀か伊藤あたりの入れ知恵じゃないかと思われますw
    (初コメありがとうございますー!応援も感謝感謝ですvvvまたお気軽にどうぞv)
    • 雲乃みい
    • 2014/12/23 8:48 PM
    >こんにゃくさん
    捺バカ、優斗真面目か!
    だからこそバランス取れてるのかもですw
    • 雲乃みい
    • 2014/12/23 8:50 PM
    >はなさん
    吹いていただけてよかったです〜♪
    本当にただのバカです\(^o^)/
    • 雲乃みい
    • 2014/12/23 8:51 PM
    >なこさん
    なんてったってバカですから\(^o^)/
    毛じゃまじゃね?って、パイパンもちょっと盛りあがりそーじゃね?って剃ったのではないでしょうかw
    • 雲乃みい
    • 2014/12/23 9:07 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode