なにかないかなー

0
    明日仕事行けば、5連休が待ってる!!!!
    うまくいけば6連休になるかもだけど多分5連休だなァ
    てか来年度社会復帰できるかなw
    そして息子ちんは明日で冬休みおわりい
    まぁでも金曜始業式出ればすぐ週末だしね!
    たぶんごろごろするだけの連休になりそうだにゃ!

    毎日セーラー服男子のこと考えてます
    マジで薄い本でも出そうかなってくらいに(えwwwwwww
    数冊でもいいから自己満でつくろうかしら、でもSSなんかどうでもいい、セーラー服男子のイラストが見たいのですわw

    てことで?
    セーラー服ではないけど優捺でJKネタw

     






    「ゆーとさん!」
    待ち合わせ場所で後から声がかかった。振り向くまでもなく捺くんの声。
    元気なその声に自然と笑みが浮かぶ。
    そして振り返って―――目を見開いた。
    「おまたせーっ!」
    俺の腕にぎゅっと抱きついてくる捺くん。
    捺……くん……なんだけど。
    「どうしたの、それ」
    高校生の捺くんが制服を着ているのは当然として、だがそれが―――スカートなわけがない。
    実優がきている制服だ。文化祭でも見たことがある、捺くんが通う学園の女子生徒の制服。
    ブレザーにスカート……。
    「似合ってない?」
    「似合ってる、けど」
    髪はウィッグをつけているのだろう、肩の位置まであるブラウンの髪が揺れている。
    メイクはあまりしていないようだけど、口紅はつけている。なにもしなくても整った顔立ちとつやつやした唇、そして制服。どこからどうみてもちょっと背が高くはあるけれど女子高生。
    「可愛くない?」
    「すごく可愛いよ」
    クリスマスのときにも女装していたけど、やっぱり可愛い。女の子にしか見えない。
    女装していなくても人目をひく容姿をしているから普段は女の子たちから視線を向けられているけど――でも今日は男性からの視線が集中している。
    可愛らしい顔からスカートから覗くすらりと長い脚まで、じろじろと見ていく輩が多い。
    「可愛いけど……可愛すぎて心配だな」
    「なんで?」
    「俺と離れたらダメだよ? 絶対すぐナンパされちゃうからね」
    ナンパと言わず変な輩に絡まれたら大変だ。
    真顔で言うと捺くんは嬉しそうに笑ってさらに俺の腕に抱きつく手に力を込め顔を寄せてくる。
    「うん! この格好だと優斗さんにベタベタできて幸せ」
    確かに―――女装なんかしなくてもいつも捺くんは可愛いけど、街中でも気兼ねせずに手や腕を組むことができるのは今だろう。
    ただ―――……。
    「でも大丈夫かな」
    「なにが?」
    「援助交際……と見られてそう。俺みたいなオジサンが一緒だと」
    「オジサンなんかじゃないって! もー、どこからどうみたってお似合いのカップルだから心配しないでいいって! ねー、飯食いにいこ!」
    見た目は完璧な女子高生。だけど言葉遣いはいつも通り。
    思わず吹き出しながら頷いて可愛い恋人と一緒に食事へと向かったのだった。



    ☆おわり☆


    捺に制服を、と思ったけど不完全燃焼だな。
    今度セーラー服プレイ書こう!

    っていうか、今年初小説な気がする!www

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode