12月1日〜!!

0

    ついに!12月に!なってしまった!w

    ということで!おひさしぶりに!クリスマスアドベントなSSです☆

    毎日はできないかもだけど〜^^

    アンケートは受付中です☆

    お気軽にどうぞー!

    感想コメもお気軽にwwwもらえると喜びます☆(テヘペロ

     

     

    さて今年のアドベントカレンダーはごんちゃろ〜ふーのw

    そして今日1日!

    ちょこだ!

    くうちゅうブランコ!なかなかのハードルの高さだなwww

    がんばりますw

     

    さて本日は、

    【灰色の糸の啓介×陽で『あたたかいお話が読みたいです』】

    のリクエストです〜

     

    ごめんなさい、あのふたりであたたかい……とは……とちょい悩み……w

    あたたかいかどうかはなぞな感じですが><

    楽しんでもらえると嬉しいです☆

     

     

     

     

     

     

     

     

    「朝ごはん頼む? いろいろ種類あるみたいだよ」
     朝目が覚めたら啓介さんが俺の寝顔を見ていた。よく寝てたね、って優しい手で撫でてくれてそれがくすぐったかった。
     そのままベッドでいちゃいちゃしてたら俺の腹が鳴って――啓介さんがメニュー見ての言葉、だ。
     テレビのそばに置いてあったメニューを持ってきてくれた啓介さんはベッドに腰かけ、俺はごろごろしたまま渡されたメニューを眺める。
     女子受けを狙ってるのか確かにいろいろなモーニングメニューがそろっていた。洋食から和食。値段も380円っていうリーズナブルさ。
    「頼む?」
    「うん!」
     どれにしようかなー。ハムエッグ、スクランブルエッグ、鮭定食……納豆定食……。うーん。
    「啓介さんは?」
    「俺は鮭定食にしようかな」
    「ぽいね!」
    「……ぽい?」
    「うん、和食って感じ」
    「……」
     特に意味なくなんとなくだったんだけど、啓介さんは笑顔なんだけどちょっとシュンとしたような感じがした。
    「……和食ってオジサンぽいかな?」
     あれ、なんか俺変なこと言ったっけ? って内心不思議に思ってたら、ぼそっと啓介さんが呟いてきょとんとしてしまう。そんで吹き出した。
    「なんでだよ〜。そんな意味で言ったんじゃないって! 俺も鮭定食美味しそうだなって思ったよ?」
    「うん、ごめん。和食ぽい俺って……と……」
     実際オジサンだから、なんてさらに言うから耐え切れずに爆笑してしまう。腹抱えて笑っていたら、啓介さんが「そんな変なこと言ったかな?」って困ったように目をしばたたかせた。
    「ち、ちがうちがう! いや、啓介さんめっちゃ可愛いって思っただけ!」
    「か……可愛い? 俺が?」
     ぽかんとする啓介さんの膝もぞもぞと顔を乗せて、下からのぞき込む。
    「うん。めっちゃ可愛い。だって和食ってだけでオジサンかなって気にしちゃうし。もうすぐ二十歳の俺なんかよりめっちゃ体力あるのにさ」
     深夜まで続いたセックスのことを思い出してにやにやとしてたら、啓介さんは察したらしく顔を赤くして口を押えた。
    「……ごめん、年甲斐もなくがっついて」
    「もー! すぐ歳言うー! 年齢なんて関係ないじゃん! 俺まだ会ったばかりだっていうのに、めっちゃくちゃ啓介さんのこと好きだよ!」
     本当に俺を振った元カレなんかより啓介さんのほうがもう俺の中に存在感めっちゃデカくなってる。
     啓介さんの膝に手を置いて身体を起こして、ちゅっと啓介さんにキスした。啓介さんは一瞬驚いたようにしたあとすぐに嬉しそうに微笑んだ。
    「……俺も、陽――くんのこと、大好きだよ」
     出会ってまだ一日も経ってないっていうのに、そう言われてにやにやにやけてしまうくらいにテンション上がる。
     啓介さんからもキスしてきて、何回かキスしあって、そしてまた俺の腹が鳴って、笑いながら朝食を頼んだ。
     啓介さんは鮭定食で俺はスクランブルエッグプレート。だけどお互いに食べさせ合ったりして、啓介さんと初めて過ごす朝はやばいくらい楽しくて明るいものだった。

     

     


    【おわり】
     

     

    いちゃいちゃしてるだけ〜!

    陽にとってはいちゃいちゃしてるだけ〜なんだけどもw

    啓介視点で考えるとしんどっ、しんどっwでした^^;

    あたたかい……かしら?w 啓介的にはたぶん幸せなひとときだとw


    コメント
    リクエスト、しました!ありがとうございます。思えば一緒に過ごした時間は本当に短いですよね。無理なリクエストにステキなSSありがとうございます。後から、もしかしたらまさかの陽くんの幼少期?と思ってました〜それはまた今度、いつか読ませていただきたいです!
    • hana
    • 2018/12/05 1:37 PM
    hanaさん、リクエストありがとうございました^^
    本当にたったの一日なんですよね><
    いえいえ、とても書くのは楽しかったです♪
    陽の幼少期についてはいつか書きたい啓介の人生編wでお披露目できるかと思います^^
    啓介の過去話をいつか書く機会がきたときにはどうぞよろしくお願いします☆
    • 雲乃みい
    • 2018/12/09 12:41 AM
    こんにちは。啓介さんの人生編、過去話、楽しみに待ってます。ワクワク〜寒いですが、お体ご自愛くださいね。
    • hana
    • 2018/12/14 11:13 AM
    ありがとうございます^^
    プロット立てていつかお披露目できるようがんばりますね!
    • 雲乃みい
    • 2018/12/17 10:24 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode