3日だ〜!

0

    もう3日。月曜だっていうのに2時に早退し明日有給取っちゃった私ですテヘペロ

    ちょっと職場でいやなことがあってwとなりのおばちゃんからは負けになるよ!と言われたけど、撤収してきましたげへへ

    水曜から心機一転がんばらないけどてきとうにやってくぜ。。。!

     

    さて、本日は。

    「ぼうしからウサギさんがでてきてビックリしたよ」

     

    「どう? ちーくん!」

    「……すごいです……。智紀さん手品もできるんですね」

    「惚れなおしていいよ!」

    「はぁ……」

     

    というわけでわけで!

    今日は智紀と〜優斗です☆(ちーくんじゃないのかよ!っていう)

    リクは『智紀が先生で優斗さんが生徒な智優パラレルが読みたいです!』

    です☆

    優斗がさん付けなところに格差が出ててよいですね^^

    てことで、続きを読むから☆

     

     

    智紀×優斗ですので注意を〜(というほどエロはないはずw)

     

     

    「佐枝くん、いつも悪いね」

    クラス全員の宿題を集め、片瀬先生のいる準備室へ運んできた俺に生徒たちに人気のさわやかな笑みが向けられる。

    「いえ、学級委員ですので」

    デスクの上にプリントを置くと、その上にころんと小さな丸い青の包紙。

    「あげる」

    「……ありがとうございます」

    いつも、というくらいには片瀬先生から頼まれごとが多く、こうして準備室へ行くたびに、お駄賃というようにひとつお菓子をくれる。

    飴かチョコか。

    取ろうと手を伸ばしたら寸前のところで片瀬先生がそれを取りあげた。

    座っていた片瀬先生は立ち上がりデスクに寄りかかりながら包を開ける。

    先生は爽やかな笑顔のまま、濃い茶色の球体をつまんで俺の口元へ持ってきた。

    「食べさせてあげる」

    唇に触れた瞬間、鼻腔をくすぐる甘いチョコの匂い。

    先生、とため息混じりに言いかけたけれど、口を開けてしまえば口元にあったチョコがすぐに押し込まれてしまう。

    俺の舌にのせるように、チョコを先生の指が押し込む。

    そして止まる指。俺の咥内で。

    眉を寄せて先生を見ると先生はにこにこ笑うだけで指を退けようとはしてくれない。

    このまま口を閉じれば先生の指を咥えることになってしまう。

    それは不本意だ。けど、チョコは体温で溶けていくし誘発される唾液に口を閉じたくなる。

    どうしようか、と迷って、先生の腕を掴んだ。

    先生は笑顔のまま首を傾げてみせて――正直その仕草に忌々しさを感じてしまう。

    引く気がないらしい先生にいっそ噛んでしまおうかって衝動が湧いたけど、俺にできるわけもなく。

    かといってこのまま口を開け続けるのも苦痛で、しょうがない、と先生から手を離し、口を閉じた。

    「おいしい?」

    先生の指は、結局俺の口に触れることなく、スッと引き抜かれて。

    「……そうですね」

    口の中に広がる濃厚な甘さにチョコの美味しさには頷きつつ、内心盛大なため息をつく。

    「ねぇ、佐枝くん」

    「なんですか」

    「あとどれくらいで餌付けできそう?」

    生徒たちはみんな片瀬先生のことを爽やかで優しくてイケメンで教え方がわかりやすくて――と言っている。

    確かにそうなんだけど。

    「無理でしょう」

    「えー。俺必死なんだけどなぁ。優斗くんの餌付け」

    教師にあるまじき――なんだそのエロイ目。

    そしてたまに勝手に下の名前を呼んでくる。

    本当に、なんなんだこのひと。

    「無理です」

    もういったいこんなやり取りを何カ月続けているだろう。

    「次は何のお菓子にしようかな」

    無理だって言ってるのに聞いてない先生に耐え切れずため息が出て、「それでは失礼します」と会釈して歩き出す。

    ドアへと向かう俺の背に「佐枝くん」と声がかかる。

    ちらり肩越しに振り返ると、「またね」と食えない笑みで先生は手を振ってきた。

    「さようなら」

    もう放課後、早く家に帰ろう。

    頭をもう一度下げてドアを閉め、鞄をとりに教室へ向かう。

    「餌付けってなんなんだ、いったい」

    放課後のシンとした廊下を歩きながらつぶやいた自分の声はひどく呆れたものだった。

    「本当、無理だな」

     

     

    そうため息がでたけれど、まさか高校卒業後も先生に餌付けされる日がくるとは、このときの俺はもちろん知るよしもないのだった。

     

     

    ☆おわり☆

     

     

    どうしようかなーと思って、優斗は高校時代優等生くんだし、教師の智紀は、安定の智紀だしw

    そう考えると人当たりのいい優斗だけど、智紀には一線引いてそうよなwと思いながら書いてこんな感じに☆

    社会人智優とはちょっと雰囲気を変えてみました〜

    どうかしら☆

    りくあざました!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    リクした者です。先生×生徒が大好物で、優斗さんが大好きな私としてはニヤニヤが止まりませんでした!いつもの智紀(さん笑)への塩対応が見れて嬉しかったです(^^♪ ありがとうございました!!!
    • レン
    • 2018/12/09 10:16 AM
    こんばんは!リクありがとうございました^^
    わーい♪ニヤニヤしていただけてよかったです^^
    先生と生徒の組み合わせいいですよね☆
    私も大好きです!w
    智紀(くん)にだけはw塩対応な優斗です^^
    おそまつ様でした♪
    • 雲乃みい
    • 2018/12/17 10:24 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode