control-6 禁

0

    もうすぐバレンタインデーでーすーねー\(^o^)/

    アンケートは・・・そうだ、もう今日じゃないか!本日の・・・夜11時ごろまでーくらいかなー?になると思います。
    まだ投票してないよーというかたはよろしければどうぞ♪

    そんでもって本日はcontrol。ともちーと悩んで、controlになりました
    某兄貴が書きたかったの、それだけなのwww
    とくになにもないシーンです
    つぎあたりは色っぽくしてみたい


    あ、そうだ私信ですがNLのほうでのキリ番踏まれたまめまめさまー、いただいた内容はキリリクとして受領してよいのでしょうか?
    一応キリリクとして書こうかなーと考えてます(が、本編でも予定ありなので、パラレルになるかもですが)
    もしキリリクじゃないですー、でしたらメルフォから拍手コメかなんかでもご利用の上ご連絡くださればと思います☆
    バレンタイン後ゆっくりめでよければ、ほんのりあまらぶなあのふたりをキリリクSSとしてお届けできるようがんばります(^O^)/
    もちろん連絡なしでもOKですー☆そのときはちょこっと書きますので♪


    では、以下controlですてにー☆
    前までのお話はこちらから




    control-6




    予定通りのことをこなして奏くんの家を出たのは7時ごろだった。
    『ぜひ夕食を』と奏くんによく似たお母さんの誘いを丁重に断って帰路につく。
    両親から信頼されているらしい奏くん。
    勉強するといいながらまさか母親のいる家の中で男とセックスしているなんて夢にもあのお母さんも思わないだろう。
    さすがに俺としてはふたりきりじゃない家の中でヤリまくるほど無神経でもない。
    奏くんはもの足りなかったようだったけど、俺は無難に一回だけシて終わらせた。
    奏くんから俺の家は駅二つ離れたところにある。
    セックス後の倦怠感を軽く感じながら電車に揺られ、欠伸を噛みしめながら駅を出て歩いていく。
    その途中で、会った。
    「―――智紀」
    歩道を歩いているとエンジン音が身近で響き、俺が行く少し先で一台の車が脇に寄ってきて止まった。
    4つの輪が連なったエンブレムを冠したメタリックシルバーの車。
    静かに開いた運転席から声をかけてきたのはスーツ姿の男―――親友の兄。
    「紘一さん」
    久しぶりに会う松原紘一だった。
    たぶん三カ月ぶりくらいだ。
    高校生の俺と社会人のこの人が会う機会なんてそんなにはない。
    晄人の家に行ったとき偶然出くわすか、パーティで出くわすか。それくらいだ。
    「どうしたんですか、こんなところで」
    そうは訊いたが、ここで会うっていうことは俺の家に用があるんだろう。
    親父はまったく違う職種を歩いているが祖父は松原グループの重役だ。
    俺の祖父である順仁(ヨリヒト)は紘一の祖父であり松原グループの現社長とは旧知の中で、もともと家族ぐるみでの付き合いがあった。
    俺と晄人が同い年ということもあって、いまでも松原の家と俺の家の関係は密接。
    晄人を俺の両親が息子のように可愛がるように、紘一さんは祖父が孫のように可愛がっている。
    いやあれは可愛がるというよりも教育係なのか。
    いずれ松原を継ぐ紘一さんに祖父は社長にかわりさまざまなことを教えていた。
    「智紀のおじい様に御用伺いだよ」
    この前会ったときとは違うネイビーのフルリムの眼鏡。
    レンズの向こうの目が俺を見つめ細くなる。
    7歳年上だから俺にとっては大人。
    だけどこの人の年齢からしても周りの同年代よりもはるかに落ちついて見える。
    お疲れ様です、と向けられる柔和な笑みに、似たような笑みを返せば、乗るように促された。
    行先は同じなのだから素直に助手席に乗る。
    シートベルトをつけようと手を動かせば、それよりさきに手が伸びた。
    「―――ありがとうございます」
    俺の方へとわずかに身を乗り出し、シートベルトをわざわざ締めてくれる。
    瞬間ほのかに香った香水の匂いは以前と変わらないものだった。
    柔らかそうなまったく染めていない髪が目前を通り過ぎるのを眺めていると、運転席に座り直す手前で紘一さんの動きがとまる。
    「智紀」
    つとほんの微かに紘一さんは一瞬、眉間を寄せた。
    「なんですか」
    そしてその手がまた伸びて、俺の左腰のほうへと来る。
    その手は俺の制服のポケットへと入り出ていった。
    「入れてるだけでも匂いがつく。気をつけろ」
    ポケットにあったもの。
    コンビニで夾が入れた煙草。
    「すいません」
    あと数本しか入ってなかったそれへと視線を向けると、それはそのまま紘一さんの内ポケットに入れられた。
    「あとで返す」
    「はい」
    結構―――こういうところ厳しいんだよな。
    喫煙自体じゃなく、足元をすくわれるようなことを、隙を見せる要因となることを作ることを、だ。
    まぁ確かにいくら俺が教師から信用があろうが、煙草くさけりゃ不信感を抱かせることにはなるかもしれないが。
    でも、一応帰ったら制服には消臭剤をちゃんとかけておくつもりだったんだけどなー。
    別にいいけど。
    また出てきた欠伸を噛みしめてハンドルを握る手から、前へと視線を逸らした。




    つづく。


    とくになんともなくー。というか本当は紘一の出番はもうちょい後だったんだけども最近紘一×智紀で滾ってたwwwので、前倒しで出してみましたwww
    もうヤっちゃえばいいのに!←
    いやでもプロットどおりに。。。すすめるぜ!
    次と次くらいまでは紘一のターン☆
    そのあとは夾くん再登場。がんばれ、夾!お前も早くヤられちまえ!←

    コメント
    キリリクSSでお願いしま−す。
    ゆっくりでいいので、ちー君がデレてるシーンが見れればいいな♪なんて思ってます。
    • まめまめ
    • 2012/02/10 4:45 PM
    や・ば・い!

    もーこの二人大好き!大好き!大好き!
    やばすぎですー!

    本当早くヤっちゃえばいいのに〜!!!

    なんだろう、この二人すごいつぼ!
    ユウナツもちろん好きだけどー、それとこれは全然違うとこ!

    みぃさま!早く!(笑)お願いします!

    楽しみにしてます!
    • アイ
    • 2012/02/10 11:37 PM
    >まめまめさん
    了解しました(^O^)/
    うふふ、デレてるちーくん!お届けできるようがんばりますね☆
    こちらまでコメントご連絡ありがとうございます♪
    • 雲乃みい
    • 2012/02/11 9:52 PM
    >アイさん
    きゃー!
    う・れ・し・い・☆ですー♪

    紘一×智紀ひそかに自分の中で大好きCPなので大好きになっていただけてすごく嬉しいです\(^o^)/
    本当に!もう早くヤっちぇえよー!と思いまくってますw
    ヤりそうな雰囲気むんむんですすめていこうかなと思っておりますwww
    ツボっていただけて幸せですv

    できるだけサクサク更新するようがんばりますねー♪
    • 雲乃みい
    • 2012/02/11 9:54 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode