12月19日ー☆

0


    今日は優斗、晄人、智紀の三人です。

    【ユウトさんミニマムで、トモキさんとマツバラさんがドキドキキューン?】

    というわけで、ミニマムです。
    そしてしょぼいです、本日もまた\(^o^)/







    待ち合わせに優斗がなかなか来ない。
    そんなときに優斗から電話があって、出たとたんに切れた。
    で、俺と晄人は優斗のマンションに向かったわけ―――なんだけど。
    「どうよ、この状況」
    「どうっていってもな……」
    俺と晄人を出迎えたのは小学校低学年くらいの男の子だった。
    だぼだぼのワイシャツを着た男の子がずっと泣いていたのか赤い目で出てきた。
    まさかの隠し子!?ととりあえず部屋の中へ入って行ったらソファのそばに優斗らしくない脱ぎ散らかしたスーツ。
    ボクサーパンツまで落ちてる。
    けど、優斗の姿はない。
    そしてスーツはあるけどワイシャツはなくて、どう考えてもそれを来ているのは俺たちの傍にいる男の子だ。
    「晄人くん、この状況をどう見る?」
    「どうって……。おい、これなんだ」
    晄人がテーブルに置いてある空の瓶を手にした。
    「ん? あーそれ俺があげたドリンク」
    「土産?」
    「うん。エジプトでさ見つけた不思議ドリンク。なんか不思議なことが起こるとか言われてるやつでさ面白そうだったから取り寄せてみたんだよー」
    「……」
    「なんだよ、晄人何睨んでるんだよ。……えー、まさかぁ。まさか優斗がコレ飲んで小さくなったとか言うの。ないっしょ」
    「……ともくんの、ばか……」
    「……」
    「……」
    しくしくとずっと泣いてる男の子が俺の袖を引っ張ってぽつりと呟いた。
    「ぼく、その苦いののんで、着るお洋服なくなっちゃったんだよ」
    しくしくと床に脱ぎ散らかしてあるスーツを指さす。
    「……お前、優斗なのか?」
    「そうだよ? あきくん、ぼく、優斗だよ?」
    「「……」」
    しくしくと泣きながら頷く―――優斗?
    いやすっげぇ優斗の面影はあるんだけれど―――。
    「優斗から智くんなんて言われたの初めてなんだけど」
    「俺たちのこと覚えてはいるが思考自体は見た目通りになってるんじゃないか?」
    「あーなるほどー。っていうかさ、優斗認定でいいの」
    「お前はどう思う。俺は―――アリだ」
    「なんだよ、アリって。まぁ俺もアリだなー……っていうか。優斗ー!」
    「な、なに智くん苦しいよっ」
    「お前なに急に抱きついてるんだ。離せ変態」
    「お前こそなに助けるふりして抱っこしてんの、晄人」
    「お前の毒牙から守ってるんだよ」
    「えーなにそのいい方。お前のほうが危ないだろ。ムッツリ変態」
    「あ? セクハラ変態に言われたくねーな」
    「ともくん、あきくん、ケンカだめだよ?」
    「……」
    「……」
    いつのまにか泣きやんでいたミニ優斗が俺たちを交互に見ながら心配そうに目をしばたたかせる。
    ―――やばい。俺、なにかに目覚めそう。
    「別にケンカはしてないから心配するな。優斗」
    って、さりげにミニ優斗を抱きしめてる晄人。
    「そうだよ、優斗俺たち仲良しだから心配しないでいいよ。そうだお菓子あげるから、おいで優斗」
    「お菓子? あきくん、離して? ともくんのところ行きたい」
    「優斗、待て。あの変態のところに行ったらなにされるかわからないぞ」
    「いやいや。純粋にお菓子をあげようとしてるだけだろ。晄人こそなんだかんだいって離さないのが怪しいな」
    「だから俺は保護してるんだよ」
    「えーお前の下心見え見えなんだけど」
    「あ? お前のほうが見え見えだよ」
    「あきくん、ともくん、ケンカだめっ」
    「……」
    「あー晄人が泣かした」
    「あ? なんで俺だ」
    「俺がお菓子あげるっていってるだけなのに難癖つけて優斗を離さないからだろ」
    「だから言ってるだろ。お前鼻息荒いんだよ。こんな小さい優斗に何する気だよ」
    「はぁ? だからお菓子あげるだけだっつってんだろ。ていうかさ、晄人くん。お前どうしてそういう発想になるわけ? あれあれ? お前こそ邪な気持ちがあるから俺けん制してんだろ」
    「あ? お前が邪な気持ち全面に押し出してるからだろ」
    「ないって言ってるだろ。俺は純粋に小さい優斗と触れ合いたいだけなんだよ」
    「触れ合いたい? 気持ち悪いんだよ、変態」
    「変態に言われたくないよ、変態」
    「……あきくん、ともくん……」
    弱々しい声がしてみればミニ優斗がぼろぼろと涙をこぼしている。
    さすがにこれは慌てる。
    「ごめん、優斗! もうケンカしないからさ! ね? ほらこれお菓子、はい」
    「悪かったな。優斗、もう本当に大丈夫だ。怖がらせたな」
    「本当に?」
    「ああ」
    「うん、大丈夫!」
    ミニ優斗の頭を撫で撫でしてあげてお菓子を食べさせてあげる。
    俺と晄人が必死で笑いかければようやくほっとしたようにミニ優斗も笑顔を浮かべた。
    ―――……可愛い。
    絶対晄人も目覚めてるな。
    鼻の下伸ばしてミニ優斗見つめてるし。
    とりあえず俺にも抱っこさせてー!
    なんてことを思ってると、
    「じゃあ仲直りね!」
    ってミニ優斗が天使のような笑顔で言ってくる。
    「ああ」
    「もちろん!」
    「あのね、仲直りでもっと仲良くなるいいほうほうがあるんだよ」
    「へーなに?」
    「なんだ?」
    「あのねあのね。おふろにみんなではいるんだ!」
    「……ふろ?」
    「みんなで?」
    「うん! あのね、伊藤くんが言ってたよ。はだかのつきあいをすればもっと仲良しになるんだよ!」
    「はだかの」
    「つきあい」
    「だからみんなで入ろうよ」
    「え……いまから?」
    「うん!」
    「……」
    「……」
    みんなって―――この三人で?
    ミニ優斗とは入りたいけど、晄人も?
    くっそ狭いし邪魔だし、いらないな。
    いやだけど三人じゃないと風呂には入れない。
    しかもミニ優斗がすごくキラキラとした目で見てきてる。
    俺とふたりで入った方が楽しいと思うんだけどな。
    晄人はいらないんだけど。いやでも―――。
    考えること数秒。
    「入ろうか!」
    「入るか」
    俺と晄人と同時に答えていた。
    「わーい! お風呂お風呂」
    嬉しそうにミニ優斗が飛び跳ねている。
    それを見ながら俺はちらり晄人を見た。
    目が合って睨まれたから睨み返す。
    「おい、風呂で優斗に変なことするなよ」
    「それはこっちのセリフ」
    ここで言い合いになったらまたミニ優斗が泣き出してしまうからグッと我慢して―――俺たちは風呂へと向かったのだった。

     

    【おわり】


    え?
    終わり?
    終わりですwwwwwwwwwww
    本当はお風呂に入って、あきくんとともくんのオチ〇チンがどーのこーのとかクソくだらない下ネタを考えてたんですけど、書いてたらめっちゃ長くなるし、もう日付変わっちゃいそうだから。。。ぶった切りました\(^o^)/
    あはは☆
    脳内補完で!!!
    そして晄人と智紀は幼馴染ですからね二人きりの会話だと二人ともわりと馬鹿です\(^o^)/


    コメント
    えー、ダボシャツの下はノー装備フルチンでおkですよね?
    禿げ萌えです((└(:3」 ┌)┘))

    抱っこする腕に感じるシャツの下の生尻の感触がたまらry←おまわりさーん!!

    • はな
    • 2012/12/20 2:29 AM
    伊藤が気になって眠れない(*ノ∀`)
    • 碓氷悠
    • 2012/12/20 3:02 AM
    いつものツンデレ優斗さんもいいけど、この優斗くんは〜萌え萌えやぁ〜(。・ω・。)ウフ
    また、二人が取り合う感じもいいですね(o>ω<o)
    • くぅた
    • 2012/12/20 8:36 AM
    >はなさん
    もちろん\(^o^)/
    シャツの下は全裸ですー!そうそう、シャツ下のむにむにをさりげなく味わっている晄人くんです!!w
    • 雲乃みい
    • 2012/12/22 1:28 AM
    >悠さん
    じいちゃんが言ってたんだ!裸で突き合えって!by伊藤
    • 雲乃みい
    • 2012/12/22 1:29 AM
    >くぅたさん
    うふふ、ミニマム優斗は素直な感じですねw
    萌えていただけてうれしいです♪
    智紀と晄人と大人げなく取り合っておりますwww
    • 雲乃みい
    • 2012/12/22 1:30 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode