クリスマスイブだよ☆12月24日!

0

    「イブの夜 すてきな夢を・・・」


    今日で息子ちんのアドベントカレンダーはラストでした☆

    日付全部裏返しにして最後はツリーの絵が出来上がり♪
    これ来年も使えるよね!
    来年はお菓子買ってつめて、また息子ちん用にw

    さて今日はイブですねー
    昨日スポンジ焼いて今日帰宅してから息子ちんとデコレーションしたんですが疲れて結局今日は食べなかったw
    すぬーPのどーなつ買ってきてたのでそれ食べたくらいですw
    ま、明日がクリスマスだしね!!!w

    そして私信!
    >キラさん
    やはりエラーになるようです;;
    もうしわけないですがメールフォームより直接御住所氏名、そして年賀状SSが優捺かともちーの二択になるのでどちらを希望かご連絡ください^^
    >とまちーさん
    本日ご連絡再送してます〜。メアドは特に変わらないような。。。迷惑メールとかになってるのかな?と?
    もしも届いていないようでしたら、上記キラさんと同じく二項目をご連絡ください^^(年賀状リク受け付けてないのですごめんなさいです;;)

    さて本日は和己と啓です。。。でもすっごい果てしなくしょぼいです;; ごめんなさいぃ。。。
    「サプライズで啓を学校帰りにどっか旅行に拉致っちゃう和己」
    本当に。。。ショボさ100%\(^o^)/
     


    「行くぞ」
    「どこに」
    「ホテル」
    「なんで」
    「クリスマスだろ」
    「‥‥」
    確かに今日はクリスマスイブだ。
    でも俺と和己はほぼ同棲状態だし、わざわざホテルにいく理由もない。
    「和己明日も学校だろ」
    「有給取った」
    「なんで」
    「クリスマスだろ」
    わざわざ有給!?
    俺はもう今日で冬休みに入ったけど和己はまだ仕事がある。
    なのにクリスマスだからって有給?!
    ありえなさすぎてぽかんとしている俺とは反対に和己は鼻歌交じりに車を走らせる。
    そういえばここ数日やけに機嫌がよかった気がする。
    「―――着いたぞ」
    いったい何があったんだ。ぼんやりと考えていたら車が止まって俺は固まる。
    「ここどこ」
    「だからホテルだっつっただろ。おりろ」
    「え、で、でも」
    てっきりラブホでも行くのかと思えば有名なホテル。
    唖然としながら俺は慌てて和己の後を追った。
    そしてさらに唖然としたのは部屋に入ってからだ。
    やたら広い部屋。
    「なにここ」
    「ジュニアスイートだったか?」
    「ど―――‥‥どうしたんだ、和己?!」
    「お前なに騒いでんだ?」
    「だって騒ぐだろ! クリスマスにスイートで‥‥しかもなにこれルームサービス? すっげ‥‥料理に‥‥ケーキ‥‥ワインまで。どうしたんだ」
    これじゃまるで本当に恋人と過ごすクリスマスって感じだ。
    でも和己がこんなことをするなんてどうしても信じられない。
    「あ? クリスマスパーティだろ。なんだ、不満なのかよ」
    「不満とかじゃなくって。だっていままでこういうのないし。っていうか和己イベントとか興味ないだろ」
    「まーな」
    「じゃあなんで」
    「なんで? そんなン決まってるだろ」
    ニヤ、と口角を上げて和己が俺をソファに突き飛ばす。
    そしてテーブルに乗っていたケーキのクリームを指ですくうと俺の口に突っ込んできてそれから唇を塞いできた。
    甘い生クリームと和己の熱が咥内に広がる。
    いまの状況に戸惑いながらもあっという間にキスに夢中になってしまう。
    和己の指が乱暴にでも優しく俺の髪に触れてくる。
    「‥‥っ‥‥は」
    濃い、深いキスに身体が熱を持っていくのを感じながら荒々しいキスに呼吸が乱れた。
    もちろん和己は平然としていて、不敵な笑みで俺を見つめる。
    「たまにはこういうクリスマスもいいだろ。俺だって一応お前より年上だし? たまにはいい思いさせてやりてぇんだよ」
    「‥‥和己」
    ほらプレゼント。
    と、いつ用意していたのか紙袋を渡されて中を見ればコート。
    俺が雑誌で見てていいなって思っていたやつだった。
    「‥‥これ結構高かったんじゃ」
    「気にするなって」
    「‥‥でも」
    「その分身体で返せ」
    「‥‥」
    ポカンとした。でも和己らしい言葉につい吹き出す。
    正直身体でと言われたら、和己は体力相当あるしかなり激しいから全部付き合うにはきついけど。
    「‥‥いいよ。クリスマスだしな」
    でも和己が俺のために用意してくれたこのプレゼント。
    せっかくだから楽しもうと俺は笑い返した。
    「じゃ、生クリームプレイな」
    「えっ」
    「あと窓で立ちバックな」
    「‥‥」
    「それと泡風呂で―――」
    「‥‥」
    「あー万馬券様様だな」
    「‥‥は!?」
    万馬券!?と俺が声を上げると、ニヤリ、と和己はソファにふんぞり返って座った。
    「あぶく銭はパーっと使うのが一番だろ?」
    「‥‥貯金って手もあるだろ」
    「いーんだよ。ほら、早く身体寄こせ」
    「‥‥エロ親父か」
    「エロくて何が悪い」
    悪びれなく俺に触れてくる和己に―――もちろん俺が拒否するはずもなく。
    散々ヤって、でもいつもと違うクリスマスを満喫したのだった。
    *おわり*

    ・・・・チーン
    しょぼ\(^o^)/
    ご、ごめんなさいぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
    クリスマスだし。。。と思ったのにあれ\(^o^)/なにもないようないよう\(^o^)/
    しくしくしくしく・・・すべては眠気のせいなんですううう;;
    明日はがんばるうう・・・

    コメント
    全然しょぼくないですよ(゚Д゚;)!!
    ともちーも好きだけど、この2人も好きだなぁ…♡♡

    あ、俺様が好きだから当たり前かw
    • yuna
    • 2013/12/25 10:45 AM
    そうですか?ありがとうございます♪
    うふふwyunaさんは俺様好きですもんね!
    もちろん私もです(キリッ
    • 雲乃みい
    • 2013/12/31 9:32 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode